サンスクリーンを病院で処方しない理由

病院に行って日焼け止めを処方してもらおうと思っている方もいるかもしれません。しかし、原則として皮膚科などであっても処方してくれるということは少ないです。ここではサンスクリーンを病院で処方していない理由について解説します。

病院の中でも、火傷などに対応しているのが皮膚科です。日焼けがあまりにも重度の場合は、病院で診てもらうという方も多いのではないでしょうか。実際に日焼けしてしまって皮膚が荒れている状態の場合は、病院でも塗り薬や飲み薬を処方してくれることはあります。
しかし、注意しておきたいのは予防対策として日焼け止めを処方してもらおうと思っている方です。原則として病院での日焼け止めの処方は行っていません。そもそも予防対策の場合は治療に含まれないため、保険適用外なのです。そのため、病院でも扱っていないことが多いと言えます。
火傷が重度の場合は、病院でも薬を処方してくれることはあります。ただ、日焼け止めなどが欲しいと思っている場合は、自分で市販のものを使った方が良いでしょう。

日焼け止めは皮膚科で処方してもらえる?

日焼け止めに関しては、病院で扱っていないことも多いです。そのため、皮膚科であっても処方してくれるということは少ないです。そもそも「日焼けしたくないから日焼け止めを処方してください」というのは通りません。
あくまでも皮膚が悪化してしまった場合は皮膚科で治療してもらうことができますが、予防対策のための日焼け止めは処方してもらえないと覚えておきましょう。