肌に優しい日焼け止めという文脈のなかで横行する虚偽

言葉は曖昧な理解のまま雰囲気で使うのではなく、可能な限り正確に意味を把握した状態で使ったほうがよいでしょう。

日焼け止めにおける「ケミカル」と「ノンケミカル」という言葉は、この「正確な意味」があまり理解されないままに使用され、誤解されたままに流通している傾向があります。

ケミカルとノンケミカルを曖昧な理解でとどめない

「ケミカル」と「ノンケミカル」の曖昧な理解は、「肌に優しい日焼け止め」という文脈のなかで「嘘」をつくために意図的に利用される場合があるので、それを些末な問題として片付けることができないという事情を持ってもいます。
日焼け止めにおける「ケミカル」は「紫外線吸収剤を使用している」という意味です。そして、「ノンケミカル」というのは「紫外線吸収剤を使用していない」という意味を持っています。
この「ノンケミカル」の意味が、「ノンケミカル」に分類される日焼け止めが「紫外線吸収剤以外の化学物質を使用している」ということを同時に意味していることを忘れてはいけません。

ノンケミカルの意味を正確に把握して情報の正誤を判断する

「肌に優しい日焼け止め」という文脈のなかでは、この「紫外線吸収剤は使用していないが、それ以外の化学物質が使用されている」という「ノンケミカル」の正確な意味を誤魔化したまま、「ノンケミカル=化学物質不使用」という嘘が平然とした顔でまかりとおっているものが多く見受けられます。
「ノンケミカル」の正確な意味を知っていれば、「ノンケミカル」の日焼け止めが「肌に優しい日焼け止め」である根拠として「化学物質不使用」とされているテキストが噴飯ものであり、許しがたいものであることは明らかです。
言葉を正確に理解するということは、日焼け止めの情報を正しく見るための最低条件であるということができるでしょう。